LOUVY PLANS
 
THE SCRIPTS
 



ボディサバ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
「ボディサバ」
脚本 by 高峰朝太 + ヒガシヨシマサ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


-------------------------------------------------(1)
1 サンフランシスコ国際空港(外・昼)
  滑走路にANA機が着陸する。

2 サンフランシスコ国際空港廊下(内・昼)
  日本人刑事、タカギが、荷物を持って、
  地下鉄までの連結廊下を歩いている。
  立ち止まるタカギ。
タカギ「BART地下鉄で、市庁舎のある、
 シビックセンター駅まで、来てくれ・・・、
 か・・・」
  タカギ、廊下内をきょろきょろ見回す。
  英語の指示板がいくつか見える。

3 地下鉄改札(内・昼)
  タカギ、改札に入る。

4 地下鉄列車内(昼)
  走る地下鉄。 
  タカギ、ぼーっと、車窓の外をみている。
-----------------------------------------------------(2)
5 シビックセンター駅(内・昼)
  「シビックセンター」看板がある。
  タカギが地下鉄を降りる。

6 シビックセンター駅(外・昼)
  青い空。
  駅の側に市庁舎が見える。
  タカギ、市庁舎を見ている。
  露店のホットドッグ屋台で、ホットドッグ
  を売っている兄さんがいる。
  タカギ、ホットドッグを買う。
  ホットドッグをかじりながら、市庁舎を見て
  いるタカギ。
  タカギに近寄る影。
  タカギの肩をポンとたたく手。
  振り向くタカギ。ホットドッグのケチャップ
  が鼻に付いている。
手の主(マグレガー)「Mrタカギ?」
タカギ「イエス」
  マグレガー、サンフランシスコ市警の手帳を
  タカギに見せる。
---------------------------------------------------(3)
タカギ「マグレガーさん?」
マグレガー「私がサンフランシスコ市警マグレガー
 刑事だ。東京警視庁からのEメールに君の写真が
 添付されていた。ようこそ、サンフランシスコへ」
タカギ「私は、この街をよく知ってます」
マグレガー「そうだったな、ミスター・ジョ・・・
 ジョサブロウ(序三郎)・タカギ」
タカギ「そうです。この街には学生のころ3年住み
 ました。そのころは、ジョンと呼ばれてました」
マグレガー「ジョサブロウ・・・は難しい。私も
 ジョンと呼んでいいかい?」
タカギ「OKです」

7 サンセット住宅街・マグレガーの家(外・昼)
  マグレガーの車がつく。
  車からタカギとマグレガーが降りる。
  マグレガー、タカギを家へ招く。

8 マグレガーの家(内・昼)
マグレガー「コーヒーを作るから、テーブルに
 着いててくれ」
---------------------------------------------------(4)
タカギ「どうも」
  タカギ、テーブルに着く。テーブルの上に
  写真のアルバムが置いてある。
タカギ「これ、見てていいですか?」
マグレガー「ああ、アルバムか。いいよ。昨日は
 思い出にひたってたんだ。もう、そんな年齢さ」
  タカギ、アルバムを開く。

9 写真1
  オリンピック射撃種目の金メダルを
  受賞するマグレガー。

10 写真2
  市長から表彰を受ける、警官制服の
  マグレガー。

11 マグレガーの家(内・昼)
  アルバムをさらにめくるタカギ。
   タカギの目にひとつの写真が留まる。



Nov.25(Fri) | Trackback(0) | Comment(0) | 進行中プラン(著作権は高嶺&ルウヴィ) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)