LOUVY PLANS
 
THE SCRIPTS
 



(ボディサバつづき)


-------------------------------------------(11)
20 殺人被害者写真#2
  スーツを着た白人が数箇所の刀傷とともに、
  血まみれで自室に横たわっている。

21 殺人被害者写真#3
  年配の神父姿の男が不自然な体勢で、
  横たわっている。目は見開いているものの、
  その口からは、だらしなく舌がヨダレともに、
  のぞいている。

22 殺人被害者写真#4
  アジア系の太った男の射殺死体。

23 マグレガーのデスク
マクレガー「1枚目はダウンタウンの一角で毒殺された
 麻薬の売人。2枚目はサンフランシスコの有力政治家だ。
 自室で斬殺された。3枚目は市内の教会の神父。素手で
 絞殺だ。抵抗したようだが、とんでもない怪力で首の骨を
 砕かれている。最後のやつはチャイナタウンのごみ捨て場
 にあった射殺体だ。明らかに、同一人物による犯行では
 ない」
---------------------------------------------(12)
タカギ「しかし、いつも同じメッセージを残すことを忘れない」
マクレガー「そうだ。グループ犯による、何らかの政治的
 意図があっての犯行なのだろうか・・・?」
タカギ「たしかに、天誅というのは、日本のサムライ時代の
 終焉期である明治維新の頃、シンセングミというテロリスト
 グループが要人暗殺の際に用いた合言葉です。
 しかし、悪人正機とは全く関連性がないはず」
マクレガー「その悪人正機という言葉について、
 もう一度、話してくれないか?」
タカギ「僕もハイスクール時代にちょっとかじった程度です。
 鎌倉時代当時の日本には末法思想というのが、はやって
 いました。どういうことかいうと・・・、あと200年
 でこの世の終わりが来るから、それに向かって一生懸命
 生きなさい、とかいう感じの思想です」
マクレガー「ふむ、ふむ、・・・。私の両親は、私を
 ピューリタンの教会に連れて行ったが、私がそこで
 聞いたハナシでも、初代キリスト教会では、キリストの
 昇天後、すぐに世界が終わり、キリストが雲に乗って再臨
 する、という考えがあったらしい」
-------------------------------------------------------------------------------(13)
タカギ「人間は勝手に話を作ってしまうんですね・・・。
 鎌倉時代の話に戻りますが、・・・ちょうど、そういった
 末法思想の世相を背景に、3つの新しい仏教宗派が誕生
 したんですよ。そのうちの一つが浄土真宗。開祖が親鸞。
 この親鸞が唱えたのが、 ” 悪人正機 ” 
・・・すなわち、悪人こそが、この世で救われるべき存在である、
 と」
マクレガー「ふふふ・・・、悪人こそが救われるべき・・・か。
 キリストも罪人を救うために、この世に来た、と言った」
タカギ「・・・しかし、私たちは、宗教家ではありません。
議論したところで、犯人の心理は分からないでしょう。
ただ、このタイプの殺人者は、宗教の教理の好きな
ところだけを取って、殺人を正当化する独善家です。
私たちに出来ることは、手がかりをつなぎ合わせて逮捕、
・・・そして刑務所にぶち込めばいいんです」
マグレガー「シンプルだが、見事なモチベーションだ。
私たちは弁護士ではない。警官は、そのくらいシンプル
でいい。しかし、悪人正機の事は、すこし頭においとくよ」
タカギ、しばらく黙りこむ。
------------------------------------------------(14)
マクレガー「現在の情報だけでは、情報不足だ・・・、
しかし君が来てくれて、本当によかった。君の知識のおかげで、
とりあえず、いくらか、関係がありそうな組織をしぼれる」
一瞬唖然として、テレを隠すように顔を逸らし、
タカギ「僕はまだ何もしてないですよ・・・」
マクレガー「なにを言う、これで犯人像にたどりつける道が
見えてきた。間違いなく君のおかげだ。」
タカギ「そうですか、うれしいです」
マグレガー「君のサンフランシスコ滞在が長くなりそうだから、
 いいアパートをさがしてある。今日はもう休んでくれ」
  とつぜん、ガタガタ!! と物音。廊下の闇に
  響き渡る。
マグレガ-とタカギ「なんだ!!」
  タカギ、銃を構える。
  銃を構えたまま、廊下に出る。

24 警察署・廊下(夜)
  銃を構えたタカギ。
  闇に人影。
  マグレガ-、廊下のライトをつける。
--------------------------------------------------------(15)
  ライトに照らし出される後ろ姿の
  私服の黒人。
  黒人、後ろ姿のまま、手をあげる。
タカギ「動くな!」
マグレガ-「・・・マイクか?」
タカギ「マイク?」
  手をあげたまま、振り返る黒人。
マグレガ-「やっぱり、マイクじゃないか」
  マイクのそばに、たおれたゴミ箱。
マイク「暗かったから、ゴミ箱に足を
 ぶつけちまった」
マグレガ-「ジョン、銃を下ろしてくれ」
  銃をおろすタカギ。
マグレガ-「彼は、マイク、同僚の警官だ」
マイク「ジョン?はじめてだな。驚かせて悪かった」
マグレガ-「例の殺人事件の捜査のために
 東京から来てもらったんだ」
マイク「ああ、君がそうか」
タカギ「はじめまして。ジョン・タカギです。」
  マイク、タカギの側に歩み寄る。



Nov.25(Fri) | Trackback(0) | Comment(0) | 進行中プラン(著作権は高嶺&ルウヴィ) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)