LOUVY PLANS
 
THE SCRIPTS
 



(ボディサバつづき)

--------------------------------------------------------------------------(41)
イアン「ふふふ・・・、警官の過去ですね・・・」
マグレガー「はじめは、警官になる気はなかった。
 FBIが、オリンピックでの私を見て、引き
 抜きに来たのさ。射撃種目の金メダリストに
 なっちゃったんだよ・・・」
イアン「すごいですね。今はどうしてSFPDに?」
マグレガー「私の射撃の才能は天分だった。
 ほとんど努力せずに、金メダルだ」
イアン「へえ」
マグラガー「だが、女でしくじった。独身だった
からな。あるFBIの作戦に参加してたんだが、
酒場で知り合った女に、FBI内部情報を漏らし
ちまった。その女が、実はある麻薬密輸組織が
差し向けた女スパイだった」
イアン「で?」
マグレガー「作戦は大失敗。私は、FBIから
 追放。なんとか、SFPDに再就職した。
 それからは、おれも頑張ったさ。天分に頼れる
のは銃さばきだけ。犯罪捜査を基本から勉強
しなおした。7年後には、市長から功労賞も
もらった。だが・・・」
----------------------------------------------------------(42)
イアン「だが?」
マグレガー「妻には去られる始末さ。仕事で
 頭がいっぱいだったんだ・・・」
イアン「じゃ、いまは・・・」
マグレガー「1人ぐらしだ・・・」
  話しながら、2人は夜道を歩いていく。
  
45 ボディサバ・カフェ(外観・夜)
  「ボディサバ・カフェ」の看板。
イアン「ここです」
マグレガー「ボディサバ・・・、また、
ボディサバか・・・」
イアン「ボディサバは、古代インドでの、
 人間を越えた超越的存在です」
マグレガー「神のようなものか・・・?」
イアン「まあ、そんなところでしょう。
 中に入りましょう。しゃれたバーですよ」
  
46 ボディサバ・カフェ(室内・夜)
  カフェ内には、インド風のアートが
  たくさんある。
--------------------------------------------------------(43)
  2人がカフェ内へ入ってくる。
イアン「あれですよ。あれがボディサバ!」
  壁にかかった大きな絵を指すイアン。
  絵には、雲に乗って、空に浮かんでいる、
  金色の肌の女性が描かれている。
マグレガー「異国情緒あふれる絵だな・・・」
  マグレガー、にやり。
イアン「この街には世界から人が集まってる
 んです。この街には、いまだヒッピーも多い。
 ヒッピーにはなぜか、インドのカルチャーが
 うけるんです」
女の声「あら! イアンじゃない!」
  2人の方へ歩いてくる、セクシー・ドレス
  の女。
イアン「マダム・ボディサバ・・・」
マグレガー「マダム・ボディサバ?」
イアン「そうです。ここのオーナー経営者の
 マダム・ボディサバです」
マグレガー「はじめまして」
マダム・ボディサバ「こちらこそ、はじめまして」
-------------------------------------------------------------------(44)
マダム・ボ(略称)「イアン、こちらの方、あなたの
 お友達?」
イアン「ちがいますよ。この人、実は刑事なんです」
マダム・ボ「えっ?」
イアン「このごろ、SFベイエリアで、ヘンな殺人事件
 が起きてるでしょ、・・・ほら、時々、NEWSで
 見ない、マダム?」
マダム「ああ、そういえば・・・」
イアン「で、この人、ぼくのことを疑ってるみたい
 なの」
マグレガー「いや、ただ、聞きたいことがある
 だけさ・・・」
イアン「でさあ、話するなら、この店での方が
 楽しいじゃん? で、つれてきたんだあ」
マダム「ふうん。じゃ、奥の個室に入ったら?
 話するんなら、いい場所よ」

47 個室
マグレガーとイアンが入ってくる。
ソファに2人座り込む。
-------------------------------------------------------------(45)
マグレガー「さっそくだけど。イアン、君は、
 ボディサバ・コミューンに所属してるね?」
イアン「ええ」
マグレガー「例のSFベイエリアの連続異常殺人の
 件だが、犯人が、日本仏教に使われる特殊用語
 「悪人正機」などを犯行現場の壁に書き残して
いることから、ボディサバ・コミューンを当た
ってみた。あそこは、日本仏教のスタイルを
一部とりいれた、共同体らしいからだ」
イアン「そうですか」
マグレガー「悪いが、いろいろ調べさせてもらった。
 君は、コミューンにこのところ帰ってない。
 その点が、われわれが、君に目を付けた理由だ。
 なぜだ?」
イアン「なぜって、・・・宗教の自由は憲法に書か
れてます。ボディサバ・コミューンに、私は合わ
なかったんです」
マグレガー「それだけか」
イアン「それだけです。ぼくは、そんなに疑わし
いですか?」



Nov.25(Fri) | Trackback(0) | Comment(0) | 進行中プラン(著作権は高嶺&ルウヴィ) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)