LOUVY PLANS
 
THE SCRIPTS
 



(ボディサバつづき)

--------------------------------------------------------------------------------(56)
口から、血をだらだらたらしながら、
男「やめろ、、やめてくれ、、。」
コンゴウ、そのまま地面に叩きつける。
男「ぐはっ!!」


53 駐車場の出口
遠目に、コンゴウが男の身体をいたぶっている
のが見える。
コンゴウ、男の身体を持ち上げ、何度も、何度も、
叩きつける。
鈍い音と男の小さな叫び声が駐車場にこだまする。
しばらくすると、男は声も上げなくなる。
コンゴウ、肉の塊をしばらく地面に叩きつけ続ける。
コンゴウの顔のアップ。狂気の笑いを浮かべている。

54 駐車場内
車椅子に座り、タバコを一服するコンゴウ。
側に肉の塊となった男の死体。
コンゴウ、何かに気づいた様子。
コンゴウ「おっ。忘れてた。」
-----------------------------------------------------------------------------(57)
コンゴウ、男の顔の方に手を伸ばし、
耳をつかむ。
コンゴウ、おもっいっきり、引っ張る。
乾いた音とともに、男の耳がコンゴウの手に。
耳から、血が糸を引く。
コンゴウ、耳を使って、血文字を男の側の地面に書く。
“天誅、悪人正気”
コンゴウ、書き終えて、立ち上がる。
コンゴウ「さて、一仕事終えたぜ。」
コンゴウ、車椅子に座り、車輪を押し始める。
車椅子に乗ったコンゴウ、去っていく。



Nov.25(Fri) | Trackback(0) | Comment(0) | 進行中プラン(著作権は高嶺&ルウヴィ) | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)